2012年、オッフィチーナ・プロフーモ・ファルマチェウティカ・ディ・サンタマリアノヴェッラは、創業400周年を迎えました。この記念日を祝う祭典は、情緒あふれるサンタ・マリア・ノヴェッラのキオストロ・グランデ(旧修道院の大回廊付き中庭)で行われました。

 

2012年5月10日、オッフィチーナ・プロフーモ・ファルマチェウティカ・ディ・サンタマリアノヴェッラ創業400周年の記念祭が、キオストロ・グランデ(修道院の大回廊付き中庭)で執り行われました。ルネサンスをテーマに、ウッフィツィの旗手団と歴史的なコスチュームに身を包んだ団員のパレードが、セレモニーに華やかさを添えました。

イベントには、前フィレンツェ市長であったマッテオ・レンツィ氏も参列し、オッフィチーナ・ディ・サンタマリアノヴェッラのような老舗企業が、メイド・イン・イタリーのために世界で担う重要な役割について強調しました。本祭典に際し、“Made in Italy”シリーズに加えられたオッフィチーナの創業400周年記念切手と、この機会に限定販売で発売されたオーデコロン、もリリースされました。

伝統と革新の名の下、現代的な技術と最新の機械設備を一部取り入れながら、最高品質のナチュラルな原材料にこだわり、現在もドメニコ修道士達の手作りの製法を守り続けています。』 この大事な記念日に、オッフィチーナ代表取締役社長、エウジェニオ・アルファンデリーは、このようにコメントしました。

OTTONE (オットーネ)

PORCELLANA (ポルチェッラーナ)

又、創業400周年の節目に、この歴史ある薬局の本来の姿を再現するため、スカーラ通りの歴史的本店では大掛かりな修復事業が行われました。オッフィチーナ代表取締役社長、エウジェニオ・アルファンデリーが、新たに生まれ変わった店内を案内し、招待者達への感謝の言葉を述べた後、この記念祭の幕が閉じられました。

『クラシックカー、モダンカーの愛好家である私は、我社を、職人が丁寧に手作りした車体に、馬力のある現代的なエンジンと完璧なサスペンション、ブレーキを搭載した30年代の美しいカブリオレにたとえることができると思っています。見ていても、運転していても、最高の快感を味わえる車なのです。』